You are currently browsing the archives for the 投資・財テク category


不動産投資の実態を知っておこう

不動産投資というのはどうしてもハードルが高いものであるというイメージが強いかと思います。実際だれでも簡単にできる投資である、ということは出来ません。しかし、過剰に高いハードルをイメージしている人もいらっしゃるかと思います。そこでここでは、不動産投資が実際にはどういった投資であるのか、ということについて簡単に紹介していきたいと思います。

不動産投資というのは、いわゆる転売型の投資方法ではありません。安い時に購入して高い時に売却する、というような相場を利用した転売益を求める投資方法として不動産投資は適しているとはいえないためです。不動産の価値というのは黙っていれば下がっていくもので、これを挙げるというのは生半可にできることではありません。

そのため、不動産投資というのは基本的に所有していることによって利益を挙げるタイプの投資方法ということになります。マンション投資であれば購入したマンションを賃貸として運営することによって家賃収入でもって利益を上げていくことになります。
商業施設などに投資した場合には、その利益の一部が還元される、といったような使い方をしていくことになるでしょう。これが実際の不動産投資ということになります。

不動産投資の参入障壁はどこか

不動産投資というのは、どうしても個人ではなかなか手が出せないものかと思います。難しそうというイメージが強いだけではなく、確かにこれに手を出すのは難しいだろう、という理由がいくつもあります。

まず第一に、そもそも投資対象となる不動産というのが高額な商品であるということです。家を買った人は身にしみているのではないでしょうか。特に土地というのは非常に高いものであり、そうそう購入出来るものではありません。住宅を購入する時には住宅ローンを利用しますが、投資のための住宅を購入する場合には居住用住宅のためのローンを利用できませんから、事業として銀行から融資を受ける必要があります。

更にもう一つ難しさが高くなっているのが、どんな不動産に投資すれば効果が高いのか、というのが分かりにくいことです。投資効果がはっきりしないのでは、やはり投資を行うのには尻込みしてしまうことでしょう。この辺りについてはIFAなどを利用することによってある程度相談することは出来ますが、最終的には自分が判断する必要があり、なかなか踏み切れない人が多いかと思います。

こういった参入障壁の高さというのが不動産投資における大きな問題となっているのです。

不動産投資のリスクはどうなってる?

マンション経営は不労所得を得ることができるとも言われています。マンション購入後の管理は管理業者に委託することができますので、特にオーナーの手間を患わせることもありません。また、その所得も賃料として得ることになりますので、毎月決まった収入が期待できます。市場価格で資産価値が左右される株式投資に比べたらマンション経営はリスクの少ない投資商品になります。

では、リスクはどうなのでしょうか?大きなローンの融資を受けることになるので、返済ができなくなることがリスクと言えます。基本的に家賃もローンの返済を含めて設定しますので、入居者が絶えず空室の期間を減らすことができれば賃料から返済を行います。賃料が毎月入ってくる以上、返済するためのお金が絶えることはないでしょう。

また、オーナーがローンの返済期間中に万が一のことがあったら?という懸念もあると思います。しかし、ローンを組む際には団体信用生命保険という保険に加入することになっています。もしもオーナーが返済している際に万が一のことがあれば、この生命保険によってローンの残債を返済されるようになっています。
生命保険に加入する代わりに不動産投資を行う方もいらっしゃるくらいです。

マンション投資のメリットはこちらでご確認を!
富裕層必見のコンテンツです。

マンション経営から不労所得を得る

投資といっても色々なものを範疇に入れることができますが、マンション経営も一つの投資です。できるだけ多くのメリットを手にすることができると、不労所得として安定した収入を得ることも可能になります。その代わり、物件を用意しなければ、マンション経営は成り立ちません。

最近は投資の手法として、マンションなどの不動産を複数の投資家が経営をするというスタンスも一般的になっています。投資専門の業者がマンション経営を行い、資金を投資家から集めるという方法もあるほどです。

マンション経営から不労所得を得るためには、どれだけの規模の運用が重要になるかを学ぶことも必要です。せっかくならインターネットを中心に、多くの情報を収集しながら今後の検討を行なうべきではないでしょうか。

不労所得といっても、将来的なメンテナンスに投じる額をよけておくのも重要です。いつまでたってもプラスにならないようなマンション経営であれば、思い切って管理面を委ねるなど、自分なりの答えを出すことも、良い結果を引き寄せるためには重要なポイントです。

不労所得を欲しているのであれば、地盤固めをしっかり行なったうえで、マンション経営のノウハウを学ぶべきです。

投資初心者を導くIFA

皆さんはIFAというものをご存知でしょうか。IFAとはIndependent Financial Advisorの略称で、日本語に訳すると独立型金融アドバイザーということになります。文字通り独立しており、どこかの証券会社に所属するのではなく、中立的な立場から資産運用のアドバイスを行ってくれる人達のことを指しています。

アベノミクスによる好景気への兆候や、NISAの登場などによって現在の投資市場というのは非常に賑いを見せています。しかしながら、投資は素人がいきなり手を出せるものではなく、中々始めるのが難しいという人も多いのが事実です。そういった時にIFAを利用するのは一つの選択肢となります。

元々IFAは幅広い投資者に対して証券市場へ参加して貰えるように促すことが目的として作られました。現在では総理大臣による登録精度となっており、確かな実力を持った人がIFAとして活動しています。

IFAは企業向けだけではなく、個人向けとして活動しているものもあるので、こういったものを利用して投資を始めて見るというのは如何でしょうか。助言に従っているだけでも利益を挙げられる可能性があるので、手軽な手段として利用できます。

インフレにも強いマンション投資

マンション投資というと毎月家賃収入が発生しますので、定期収入が期待できる投資として注目されています。たしかに定期収入も大変大きな魅力ですが、それ以外にもマンション投資の大きなメリットとしてインフレに強いということが挙げられます。

インフレはデフレの逆で物価の上昇を示しています。たとえばこれまで100円で買えたものが値上げして105円になると、今まで100円で買えたものが買えなくなり、持っているお金は一定であるものの物価に対して資産の価値は下がります。
不動産も同様でインフレになると価値が上がりますので、相対的にお金の価値が下がりますので、不動産を所有していると言うことは預貯金に比べてインフレに強いということになります。

かつてバブルが崩壊した頃はデフレが発生して不動産の価値は下がる一方でしたが、デフレが永久的に進むことはありません。むしろ、日本は国の借金が多いことからそのための対策のひとつとしてインフレの流れがあります。日頃からきっちりとマンションの管理を行っており、賃料の設定を高くできれば、インフレが本格的に進む前にマンション投資をはじめることができれば、将来的に高い金額で売却することも可能性としてあります。

将来の自分の財産は有効に

将来の為の貯金なのですが、その貯金はいつか必ず減っていく事になるかと思います。現在働いているという人は順調に預金額が上がっているかと思うのですが、その預金は働くのを止めれば減っていきます。当然のことですね。しかし働いている内はその事を意識することはあまり無く、将来の定年退職が迫ってはじめて財産の不足に気がついてくるという体験談をよく聞きます。

現在の収入と支出、そこから貯金を増やしていくという考えを資産形成といいます。しかしどんなに資産形成を計画的に行なったとしても、収入額に限度があるという問題に直面してしまうという事になるでしょう。特に定年を迎えてしまった人は、資産形成がどんなに上手く働かしたとしても、貯金総額を維持できたとしても資産が増える事はまず考えられません。

将来の自分の資産形成を考えますと、定年後でも収入を得られる手段を考える必要があります。老後の収入といえば年金となるのですが、その支給額は今まで働いてきて給料と比べますとかなり減額されたものになるでしょう。年金による収入を増やしたいのであれば、個人年金に加入するなどをして将来に備える必要があるのです。これは若いうちに準備をする必要があるのです。

資産運用の計画性について

資産運用をしていく上で、計画性は必須となりますが、どの様な計画を立てていけば良いのかわからないという場合もあるかもしれません。そのような時は、専門書などでどの様な計画を作っていくのが一般的であるのかをしっかり知っておく必要があります。

計画というのは自分に甘いものにしようとすれば、甘いものになってしまうことになり、厳し過ぎるものになれば自分の負担が大きくなってしまうことになります。そのためなかなか難しいことになる場合も多いです。

しっかりとした資産運用をすることが出来るためのメリットは大きくあります。

例えば、投資をしていく際、資産運用をしていく場合、どの様な例があるのかを知っておくことは必須ですし、しっかりと知れるような情報収集、自分で情報を集めて精査していくことが必要になるでしょう。

計画性がない投資、資産運用はいたずらにリスクを大きくしてしまうことになります。このようなことがないように、しっかりと計画性をもち、また計画の作り方を勉強していく必要があります。

計画の作り方を知っていくことができれば、同時に投資についての詳細を知っていくこともできるようになると言えるでしょう。それが大切なことになります。

ご一緒に以下のコンテンツもいかがですか?
独立アドバイザー専業の米国証券会社「LPL」とは?
資産運用に役立つ情報を現役金融コンサルタントが執筆しています。