You are currently browsing the よくわかる財産管理情報 blog archives for 5月, 2015


不動産投資の参入障壁はどこか

不動産投資というのは、どうしても個人ではなかなか手が出せないものかと思います。難しそうというイメージが強いだけではなく、確かにこれに手を出すのは難しいだろう、という理由がいくつもあります。

まず第一に、そもそも投資対象となる不動産というのが高額な商品であるということです。家を買った人は身にしみているのではないでしょうか。特に土地というのは非常に高いものであり、そうそう購入出来るものではありません。住宅を購入する時には住宅ローンを利用しますが、投資のための住宅を購入する場合には居住用住宅のためのローンを利用できませんから、事業として銀行から融資を受ける必要があります。

更にもう一つ難しさが高くなっているのが、どんな不動産に投資すれば効果が高いのか、というのが分かりにくいことです。投資効果がはっきりしないのでは、やはり投資を行うのには尻込みしてしまうことでしょう。この辺りについてはIFAなどを利用することによってある程度相談することは出来ますが、最終的には自分が判断する必要があり、なかなか踏み切れない人が多いかと思います。

こういった参入障壁の高さというのが不動産投資における大きな問題となっているのです。