You are currently browsing the よくわかる財産管理情報 blog archives for 10月, 2014


資産運用の計画性について

資産運用をしていく上で、計画性は必須となりますが、どの様な計画を立てていけば良いのかわからないという場合もあるかもしれません。そのような時は、専門書などでどの様な計画を作っていくのが一般的であるのかをしっかり知っておく必要があります。

計画というのは自分に甘いものにしようとすれば、甘いものになってしまうことになり、厳し過ぎるものになれば自分の負担が大きくなってしまうことになります。そのためなかなか難しいことになる場合も多いです。

しっかりとした資産運用をすることが出来るためのメリットは大きくあります。

例えば、投資をしていく際、資産運用をしていく場合、どの様な例があるのかを知っておくことは必須ですし、しっかりと知れるような情報収集、自分で情報を集めて精査していくことが必要になるでしょう。

計画性がない投資、資産運用はいたずらにリスクを大きくしてしまうことになります。このようなことがないように、しっかりと計画性をもち、また計画の作り方を勉強していく必要があります。

計画の作り方を知っていくことができれば、同時に投資についての詳細を知っていくこともできるようになると言えるでしょう。それが大切なことになります。

ご一緒に以下のコンテンツもいかがですか?
独立アドバイザー専業の米国証券会社「LPL」とは?
資産運用に役立つ情報を現役金融コンサルタントが執筆しています。

老後資金はどうすべきなのか

老後資金をどのように捻出するのか。退職金どころか国民年金すら不透明な状況となっている中で、老後資金をどのようにすべきかというのは多くの人がいろいろと考えているのではないでしょうか。

老後は収入が途絶える事になってしまいますので、収入があるうちに何とかしておきたいと考えるのは当たり前と言えば当たり前の話です。そのため、老後資金は出来る限り老後に近付くにつれて慌てて用意するのではなく、しっかりと用意しておきたいものですが、老後資金の大きな問題として、老後に一体どれくらいお金がかかるのかという問題も挙げられます。

これは寿命そのものに連動している話しとなってくるのですから、この答えが解る人というのはなかなかいないのです。そのため、老後のために幾つもの収入の柱を持っている人もいます。

いろいろな事を想定し、備える。これがとても大切になってきますので老後資金をと考えるのであれば、老後にどれくらいお金が必要なのかを考えるのはもちろんですが、いくつか収入源を確保しておく事も大切になってくるのです。収入源が多ければ多いほど、老後の不安を消し去る事が出来るはずですので、それはつまりは安心して老後を送る事が出来るようになりますよね。

財産形成の選択肢として、ヘッジファンドへの直接投資もあります。